交通事故の交渉は法律の専門家弁護士へ

交通事故の交渉は法律の専門家弁護士へ
交通事故の交渉は法律の専門家弁護士へ

あまり知られていない自転車による交通事故に関する法律

交通事故と言えば自動車による事故を思い浮かべがちですが、自転車による事故も決して少なくありません。自転車で事故を起こしてしまった場合、どういった法律がありどう対応すればよいかご存知でしょうか。自動車事故の場合は加害者が保険に加入している場合が多く、また加入していない場合も自賠責保険から最低限の治療費を払ってもらえることが普通です。しかし自転車事故の場合、保険に加入していない場合が多く、学生または無職者による事故を起こすと、損害賠償を払うだけの収入や財産が無く、一円も損害賠償がはらわれない場合すらあります。過失割合についても問題点があります。自動車事故の場合は一般化された過失割合の表がありますが、自転車事故の場合そういったものはありません。そのためどちらの方が過失が大きいかの判断に個人差が出てしまい、もし裁判になったとしても裁判官によって判決が異なる場合があります。

自転車事故の場合、自動車事故とは異なる以上のような点があります。自転車は老若男女問わず使用でき、多くの人が利用する交通手段です。しかしながら、こういった自転車事故の特徴を把握していない人がほとんどではないかと思います。事故はどんなタイミングで起きるかわかりません。あなたは被害者になるかもしれませんし、加害者にもなる可能性もあります。万が一の場合を考え、しっかりとした知識をつけることが必要ではないかと思います。

オススメサイト

Copyright (C)2017交通事故の交渉は法律の専門家弁護士へ.All rights reserved.