交通事故の交渉は法律の専門家弁護士へ

交通事故の交渉は法律の専門家弁護士へ
交通事故の交渉は法律の専門家弁護士へ

交通事故の示談や賠償算定は法律や事故調査のプロを交えて交渉を

自動車保険で相手方への損害補償に対してのサービスに示談交渉というのがあるのですが、これは保険会社が契約者が起こした交通事故の連帯責任の範囲内において変わって交渉を行うというものです。そもそも示談交渉ができるのは弁護士だけで、分かりやすくサービスの内容を伝えるために示談という言葉を使っているのです。ここでポイントとなるのは連帯責任の範囲内です。それは責任範囲外は保険会社が責任を負わないということでもあります。例えば、こちらが被害者で相手方が保険未加入だった場合に問題が生じます。被害を受けても、損害補償は当事者同士となり、事故の内容次第では問題がこじれることもあります。

また、保険会社の傾向として強制保険をオーバーするような損害補償の場合には低く抑えようというケースもあります。そのため安易に示談に応じることなく、妥当な損害賠償額を知る必要があります。損害賠償の中でも人的な場合は免失利益や過失相殺の問題があり、専門家への相談で正確に賠償額を算定する必要があります。相談の依頼先としては交通事故を専門に扱う弁護士や交通事故紛争処理センターなどがあり、日本損保協会でも無料で斡旋や調停を行っています。損害賠償は法律の中では民事の扱い、警察は民事不介入もあり、示談と相談は当事者同士で行うのではなく、法律の専門家や事故調査のプロを交えての交渉が賢明です。

Copyright (C)2017交通事故の交渉は法律の専門家弁護士へ.All rights reserved.